ホーム > 「なかよし」のご案内 > 基本理念と教育・保育目標

「なかよし」基本理念

家庭や地域とともにやさしく強くたくましく
思いやりのある子どもを育む

  • 子どもの視点に立ち、「子どもの最善の利益」を第一に考える
  • 子育てをする人が子育てに喜びを実感できるよう支援を行う

教育・保育方針

  • 子どもの利益を考慮し、在園時間・入園時期・登園日数の違いを踏まえ、状況に応じた環境構成を工夫するように努める。
  • 家庭と連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、教育及び保育を一体的に行う。
  • 0歳から小学校就学前までの一貫した教育及び保育について、連続性や生活リズムの多様性に配慮した教育及び保育を行う。
  • 落ち着いた環境の中で教育及び保育を行うとともに、創造的な思考や主体的な生活態度などの基礎を培う。

「なかよし」教育・保育目標

  • 明るく

    一人一人の個性を認め合い、その子に合った発達の援助を大切に、子どもは情緒が安定することで明るく楽しく生活できます。

  • 元気で

    一年を通しての散歩・外遊び・園外保育で歩くこと、体を動かすことを大切に、規則正しい生活リズムと、豊かな食生活を大切にしていきます。

  • 心の優しい子ども

    友達とのふれ合い、自然とのふれ合い、絵本・紙芝居・童話の読み聞かせを大切に、集団の中で、優しい心を育てます。

Copyright © Urausu Ninteikodomoen Nakayoshi. All Rights Reserved.