ホーム > 園での生活 > 給食について

給食について

なかよしの給食の特徴


  • 園における給食は、園児の心身ともに健全な発達と健康の保持、増進に必要な栄養量を提供するとともに、給食を通して望ましい食習慣を身に付け、『楽しく食べて、“心も体も”元気な子ども』を育むことを目標としています。
    • 食前の手洗い、食後の歯磨き(2歳以上)・うがいをする。
    • 好き嫌いなく食べる。
    • 食事のマナー(食事の挨拶、はしの持ち方、正しい姿勢など)を身に付ける。
  • 【0、1、 2歳児】完全給食
    • 0歳児は、お子さんの発育に合わせてミルクと離乳食を提供します。
    • 1歳児から2歳児までは、昼食(主食及び副食、汁物、果物)と午前午後のおやつを提供します。
  • 【3、4、5歳児】完全給食
    • 3歳児から5歳児までは、昼食(主食及び副食、汁物、果物)を提供します。2号認定児、一時預かりでは午後  のおやつを提供します。
  • 【その他】
    • お楽しみ会、お別れ会などの日は行事食となります。
    • 地元産の食材を使用し、クッキングを取り入れたりするなどいろいろな食材を味わう機会を設けています。
    • 毎月の献立表をお渡しします。

※ 食物アレルギーのあるお子さんで給食対応(除去食、代替食などの配慮)が必要な場合は、医師の「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」または「診断書」と保護者の方が記入した「食物アレルギー給食対応申込書」を提出していただきます。

・医師の診断書等を取る際にかかる費用は保護者負担となります。

Copyright © Urausu Ninteikodomoen Nakayoshi. All Rights Reserved.